薬剤師の求人を探して転職しました

職場の移転に伴い、転職活動

私は大学で薬剤師の資格をとってから、そのままとある病院で働いていました。 そこは知り合いが経営しているところだったのですが、ある時期から経営が難しくなり遠くに移転することになりました。 それで私はどうするべきか考えたのですけど、移転先があまりに遠くだったので転職をしようと考えました。 ただ今までそのようなことをしてきたことがなかったので、どうすればいいのかよくわからず結構困っていました。 そういうことを同僚に相談をするとネットを使った転職をすれば、すぐに求人が見つかるとアドバイスをしてくれました。

その時に参考になりそうなサイトを紹介してくれたので、仕事が終わった後で家のパソコンを使って調べてみました。 友人に紹介されたサイトを見てみると、色々な転職サイトについての情報が書かれていました。 その中から薬剤師向けのサイトを見つけたので、ひとまずそこに登録をしてみました。

登録の手続きはかなり簡単になっていて、メールアドレス等を書けば良いだけだったので楽でした。 そして登録をしてから少したつと業者から電話がかかってきて、こちらの事情について話すことになりました。 私はこういう所に登録をしてもあまりアクションはないと考えていたので、すぐに電話が来た時は多少驚きました。 それで私の事情を相手に伝えると、その条件に合った所を調べてみますといわれました。

次の日も病院に行って仕事をして、それが終わってから家に帰るといくつかのメールが来ていました。 そのメールでは仕事の案内が書かれており、昨日依頼した条件のものが5つほど送られていました。 次の日に返答が来るとは考えてなかったので、ずいぶん対応が良いのだなと感心しました。

私はそのメールを一つ一つ読んでいって、一つだけ家から近い案件があったので興味を持ちました。 そこは薬局だったのですが条件がよく、自転車で通える距離だったので利用がしやすそうでした。 そういうことを業者にメールで連絡をすると、すぐに返事が来て向こうの薬局と交渉をしてくれました。

その後はその業者の面接を受けることになったので、必要な書類を作ることになりました。 書類そのものは特に難しいものではなかったのですが、初めて作るものだったので書き方がわからず難渋しました。 そういうことについても色々業者の担当者がアドバイスをしてくれ、どう書けば効果的なのか相談に乗ってくれました。 必要な書類などを揃えることができたので、向こうの薬局まで行って面接を受けることになりました。

面接は特に難しいことを聞かれることもなく、今までどのような仕事をしていたのかと質問を受けました。 そこで病院でやっていた仕事のことを話すと、相手の方も納得をしてくれていたようでした。 その後は面接の結果が来るまでヤキモキしていましたが、一週間後に連絡が来て面接は通っていました。

薬剤師になって転職をしたのは初めてでしたが、業者を利用して行ったので思ったよりは簡単でした。 仕事の合間に手続きをする程度でも対応できたので、想像していたよりは楽にすることができました。 向こうの薬局に転職をする事が決まったので、いま働いているところと色々な書類の手続きをしました。 私は病院の関係者と結構仲が良かったので、寂しい気持ちもありましたが別の仕事を選ぶことにしました。

転職の手続きは今働いている所と、新しい仕事先の両方と行うため思ったよりも手間がかかりました。 ただ業者の方でやってくれる所も多かったですから、なんとか短時間で終わらせることができました。 今は別の仕事先へ移動して色々な研修を受けていますが、フレンドリーな雰囲気がありリラックスして仕事ができています。 転職は大変だと考えていましたが、実際にやってみるとそうでもありませんでした。

職場の移転に伴い、転職活動

| 薬剤師worker